最新情報

2016年6月3日
風邪
風邪のひきはじめに薬が効かない?飲まない方が良い
風邪のひきはじめに薬を服用しても効かないのが普通で、風邪のウイルスには効かない事が分かっており、症状を一時的に抑えるだけで、逆に治りが遅くなるので、ひきはじめに薬を飲まない方が良く、飲まない方が早く治せます。
2016年6月2日
風邪の治りかけ
風邪の治りかけで咳が喘息?運動はしてもいいのか?
風邪の治りかけの時に咳が続くの期間が長すぎる場合は、喘息が考えられて、特にアレルギー持ちの方は喘息になりやすく、風邪の治りかけで咳がある時で軽いのであれば、有酸素運動ならやっても問題はなく、無理をしたら良くないです。
2016年6月1日
風邪の治りかけ
風邪の治りかけの咳と痰?薬は服用するべき?
風邪の治りかけで咳や痰が続く人がいますが、実は痰が続くと喉の粘膜に炎症を起こして咳を誘発する事が分かっており、風邪の治りかけの際に薬を服用しても治りが遅くなる事が分かっており、薬の副作用が出ると眠気や吐き気を伴うので良くないです。
2016年5月31日
風邪の治りかけ
風邪の治りかけの症状で咳が止まらない?原因と解消法とは
風邪が治りかけのはずなのに咳の症状が止まらない時は、鼻水や喉の乾燥が主な原因ですが、一週間以上も続くのであれば風邪の治りかけではなく、他の病気が考えられ、咳の症状が止まらない時の解消法を紹介しているので、興味がある人は見てください。
2016年5月30日
風邪の治りかけ
風邪の治りかけで症状の熱や頭痛が治らない?
風邪が治りかけの時に熱や頭痛の症状がある時は、熱なら食欲が減退するようになってぶり返す恐れがあるので注意して、風邪が治りかけなのに頭痛の症状が続く際は鼻詰まりによる酸欠不足が考えられますが、他には髄膜炎も考えられます。

風邪のひきはじめに薬が効かない?飲まない方が良い

風邪のひきはじめに薬を服用しても効かないのが普通で、風邪のウイルスには効かない事が分かっており、症状を一時的に抑えるだけで、逆に治りが遅くなるので、ひきはじめに薬を飲まない方が良く、飲まない方が早く治せます。

風邪の治りかけで咳が喘息?運動はしてもいいのか?

風邪の治りかけの時に咳が続くの期間が長すぎる場合は、喘息が考えられて、特にアレルギー持ちの方は喘息になりやすく、風邪の治りかけで咳がある時で軽いのであれば、有酸素運動ならやっても問題はなく、無理をしたら良くないです。

風邪の治りかけの咳と痰?薬は服用するべき?

風邪の治りかけで咳や痰が続く人がいますが、実は痰が続くと喉の粘膜に炎症を起こして咳を誘発する事が分かっており、風邪の治りかけの際に薬を服用しても治りが遅くなる事が分かっており、薬の副作用が出ると眠気や吐き気を伴うので良くないです。

風邪の治りかけの症状で咳が止まらない?原因と解消法とは

風邪が治りかけのはずなのに咳の症状が止まらない時は、鼻水や喉の乾燥が主な原因ですが、一週間以上も続くのであれば風邪の治りかけではなく、他の病気が考えられ、咳の症状が止まらない時の解消法を紹介しているので、興味がある人は見てください。

風邪の治りかけで症状の熱や頭痛が治らない?

風邪が治りかけの時に熱や頭痛の症状がある時は、熱なら食欲が減退するようになってぶり返す恐れがあるので注意して、風邪が治りかけなのに頭痛の症状が続く際は鼻詰まりによる酸欠不足が考えられますが、他には髄膜炎も考えられます。

夏風邪の治し方と妊婦や赤ちゃんはどうする?

夏風邪を引いた赤ちゃんや妊婦の治し方は水分補給を小まめにして、冷房の温度を調節する事が大切で、夏風邪の治し方に妊婦はキウイやキャベツを食べてビタミンCを取るのが良く、赤ちゃんは睡眠の質を高めるのが良いです。

夏風邪の治し方と腹痛や下痢の改善方法とは

夏風邪の治し方は主に冷房の温度を28度ぐらいに設定して冷えないようにすることが大切で、夏風邪で腹痛や下痢がある時の治し方はツボを押す方法や梅干を食べるという方法が有効なので、腹痛や下痢がある人は参考にしましょう。

夏風邪の治し方は汗をかく?サウナに入ると効果的?

夏風邪の治し方には汗をかくのが良いとされていますが、これは逆効果治し方であり、体力を消耗するだけなので辞めるべきで、夏風邪にサウナに入るのも良くないのが現状で、サウナは60~100度の設定なので、体力を消耗するだけです。

夏風邪の治し方と睡眠で頭痛は改善される?

夏風邪の治し方は水分を補給すると同時に薬を服用しない事が大切であり、また夏風邪の頭痛には痛む所を冷やす治し方が良く、頭痛は睡眠も大切であり、睡眠の質を上げるには寝る前のスマホやパソコンは辞めた方が良いです。

風邪で熱が下がらない原因は薬や習慣?

風邪の熱が下がらない状態が一週間以上続き長引く際は、風邪薬の服用や免疫力が下がる運動不足や砂糖の取り過ぎが原因と考えられ、他にも熱が下がらない原因は膠原病や自律神経失調症などが考えられるので規則正しい生活をしましょう。

このページの先頭へ